ヤマシロ鍼灸整骨院はうるま市と与那原にある根本改善を提案する整骨院です

脊柱管狭窄症

階段で腰を押さえてる中年男性の写真

この記事は、脊柱管狭窄症に悩まされている方に向けて書いた記事です、少しでもお役に立てれば幸いです。

・歩いているとだんだんと足が痺れてくる
・背中を反ると痛くなる
・かがんだり座ると楽になる
・立っていると腰が痛くなる
・少し歩いては、休むの繰り返しになる

このようなお悩み抱えていませんか?

脊柱管狭窄症とは、脊柱が何らかの影響で狭くなり神経の通り道を疎外してしまい、足に痺れや痛みを誘発する症状です。

脊柱管狭窄症をそのまま放っておくと、排尿や排便障害を引き起こす恐れもあります。

脊柱管狭窄症の原因と症状、対策方法をご紹介します。

脊柱管狭窄症

背骨や椎間板などで囲まれた脊髄神経が通るトンネルを脊柱管といいます。

そのトンネルを、加齢や過度な運動などで変形した椎間板が狭めて神経を圧迫して起こす痺れや痛みがある症状を「脊柱管狭窄症」といいます。

多くの場合、加齢やホルモンバランスの崩れによって、脊柱管が弱くなってしまうのが原因になります。

脊柱管狭窄症はどんな症状があるの?

長く歩いていると足が痺れたり痛んだりする。立っているだけでも、腰が痛くなったりの症状が出ます。

また、放っておくと尿や便の障害が起きてしまうこともあります。

脊柱管狭窄症の対策方法は?

日頃から運動をすることで、筋力をつけ背骨への負担を減らすことが大切です。

また、身体の柔軟性もないと背骨を圧迫してしまうので、ストレッチやマッサージなどで身体を日頃から動かし、ほぐしておくことも必要です。

脊柱管狭窄症かもしれいと思ったらまずは病院で診断

以下の症状に悩まされている方は、脊柱管狭窄症かもしれません。加齢により症状がでるようですが、脊柱がもともと狭い方は40代ごろから脊柱管狭窄症になる方もいます。

・歩いているとだんだんと足が痺れてくる
・背中を反ると痛くなる
・かがんだり座ると楽になる
・立っていると腰が痛くなる
・少し歩いては、休むの繰り返しになる

以上の症状に悩まされいる方は、なるべく早く病院へ行き、検査することをお勧めいたします。

病院でMRI検査やCT検査などで、詳しく身体を見てもらい、診察してもらうことが重要です。

脊柱管狭窄症と診断されると、処方薬やブロック注射などで痛みや痺れを緩和してもらえます。

また、脊柱管狭窄症に対する手術もあるので、手術により痛みや痺れが緩和する可能性もあります。

鍼灸整骨院の施術で緩和することもある

脊柱管狭窄症は、鍼灸整骨院による施術によって緩和することもあります。

薬や注射などで、痛みや痺れを緩和しても根本的な改善にはなりません。また、手術となると気が思い人も多いと思います。

まずは、一度鍼灸整骨院へご相談してみましょう。

ヤマシロ鍼灸整骨院で神経の圧迫を解消

脊柱管狭窄症は、狭くなってしまった脊柱管が神経を圧迫して血流を妨げるためにしびれが生じます。

脊柱管狭窄症の歩くとしびれて歩けなくなるのは、脊柱管の圧迫されてしまった血流が流れにくくなるために起こります。

当院、ヤマシロ鍼灸整骨院ではお客様の症状に合わせた施術を行いますので、脊柱管狭窄症で悩まされている方の幹部をマッサージや鍼灸を行い血流を良くする施術を行います。

また、アフターケアや日頃の運動方法の提案もしていますので、時間をかけお客様の症状を根本から改善する方法を一緒に考えます。

沖縄で脊柱管狭窄症にお悩みの方は是非、ヤマシロ鍼灸整骨院へご相談くださいませ。